ホーム > 百合(ユリ)の豆知識

百合(ユリ)の豆知識

百合

百合(カサブランカ)生産の根源とは??

百合(カサブランカ)の根源として、アメリカ人が始めに日本の山ゆりを交配させ、カサブランカを作ったと言われています。
その後、カサブランカの権利をオランダ人が買い取り品種改良をした結果、何百種類にも、種類を増やし現在のユリ球根に至る事も分かっています。これらの流れは、生花の球根会社や生産者、花を日常の中で飾る機会の多い、オランダ人ならでは、なのではないでしょうか。

石川園芸では、現在以下の種類を生産しています

石川園芸では、現在以下の(ユリ)種類を生産しています
  • オリエンタルハイブリット(OH)
    ・・例)カサブランカ(白)
  • オリエンタルトランペット(OT)
    ・・例)マニサ(黄)
  • アジアンティック(AH)
    ・・例)ランディーニ(黒)、エロディ(八重桃色)
  • ロンギフローラム+アジアンティック (LA)
    ・・例)ロイヤルトリニティー(橙色)

これらのユリの種類から年間30~40品種ほど、石川園芸では、生産され小売販売や市場へと出荷されています。
ユリ全体では500種類ほどもあると言われています。

百合(カサブランカ)について

近年、日本人の中では、カサブランカは、百合(ユリ)の代名詞とも言われているほどです。
それでは、なぜ、カサブランカはそれほどに、人気があるのでしょうか?

もともと、カサブランカ(百合)は、日本人の間では、山ゆりのイメージと似ており、(色合いや形など)最も日本人には好まれやすい、という流れがあります。また、日本では、カサブランカは、白く豪華で純白なイメージから、多種多様な場面で見られ活躍しています。

しかし、海外で花々(百合)と言えば、赤色や派手な色合いが、大衆の間でイメージされやすく、日本の様に百合(ユリ)=カサブランカ(純白)ではないのです。

また日本でも、近年では、カサブランカ(横向きで使いにくい)以外に、上向きで大輪の白いユリの方がニーズ的にも、拡大傾向にあること、カサブランカは生産が困難なことなどにより、生産量が減少している傾向にあります。

PAGE TOP