ホーム > ユリ自宅栽培

ユリ自宅栽培

自宅でユリ栽培

<その1> ~植え付け~

鉢植え

鉢植え

鉢植えは、深い鉢を使います。
鉢底に石を敷き、肥料を混ぜた土を1/3くらいのところまで入れ、球根を植えこみます。
球根の上に同じ分くらいの土が入る様にしましょう。鉢植えが完了したら、鉢の下から水が出るくらい水を与えます。

庭植え

庭植えの場合は、球根の植えつけの1~2週間前に、植えつける場所を耕します。
その時に有機肥料や堆肥など肥料を混ぜます。
巾、深さとも30~40cmほどの穴を掘り、掘った土を10cmほど埋め戻し、球根植えつつ、接ぎ口辺りまで土を入れる。
庭植えが完了したら水をたっぷり与えます。

<その2> ~水やり~

鉢植え

gf1310348168.jpg

ユリは乾燥よりも適度な湿気を好みます。
鉢の土が乾く前に水撒きを行いましょう。
また、水撒きの際は鉢の下から水が流れ出すまで、たっぷりと撒いて下さい。

庭植え

庭植えの場合は、鉢植えとは逆に自然の雨で十分です。
但し、暑い夏や、秋から冬にかけて乾燥する時期に雨が長期間降らない場合は、水撒きが必要となってきます。
水撒きを行う場合は、鉢植え同様、たっぷりと水を撒いて下さい。

<その3> ~支柱たて~

オリエンタル種など、背が高い品種や茎の柔かい品種は、風雨によって茎が折れたり、上部が重みでお辞儀をしてしまい見栄えが悪くなってしまいます。こういったことを防ぐ為に支柱が必要となってきます。

支柱を立てる際は、埋まっている球根に傷をつけないよう慎重に支柱を埋めて下さい。
また、支柱に茎を結びつける際は1箇所だけでなく、2,3箇所支柱結びつけるようにしてください。
安定感が全然違います。

<その4> ~害虫対策~

ユリの栽培でやっかいなのが害虫や病気です。
害虫としては、アブラムシ、ヨトウムシ、ネキリムシがユリの害虫として挙げられます。
病気としては、モザイク病や葉枯れ病です。
家庭での害虫、病気対策としては市販の予防薬を使用するのが一番お手軽です。

PAGE TOP