ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

オレンジココットが予定外に

オレンジココットは、たくさん出てしまうと価値が下がってしまうので

一箱500球づつ植えていたのですが

ヒートポンプが入ってる部屋は平均温度が高いらしく

思っていた以上に早く切れだしてしまいました

しかも、その前に植えた部屋とちょうど同じ時期に出てしまう感じです

予定では、500本を少しずつ切る予定だったのが

1000本になってしまいました

しかも、今日の暑さで明日あたりいっきに切れてしまいそうです

さて何本切れるのでしょうか・・・・。

母の日のチラシ出来ました

地域新聞に折り込むのは、4月の26~27日なのですが

石川園芸では、もう配り始めました

サービス品も、1200円から1050円に割引して販売しています

お客さんの中には、花束の送りのみの注文だった人が

割引なら買っていこうかなぁ~なんて人や

一束のつもりだったのが二束に増やす方など

効果はあるみたいです

あとは、チラシが配布されてからどうなるか

母の日が楽しみです

コブラ(深い赤の百合)

コブラ、名前が怖そうな百合ですね

百合の中にはこういう変わった名前が付いてるのがたまにあります

あと変わったものと言えば

ギリシャ神話に登場する(メデューサ)なんて名前の物も

でも蕾が丸くてとても可愛らしい百合なんですが

コブラも蕾が丸く中輪クラスの百合で

深い赤ですが、花弁の縁が白くて

何とも言えない色の花です

今年は、茎が細くて出来が悪いな、なんて思っていたのですが

蕾が付いてみると、意外と大きく茎も堅く出来ましたし

奇形花もないようなので、仕分けしていて気持ちがいいです

いつもこんなふうに出来ればいいのですが

なかなかそうもいかないんですよね

 

やっと増えてきました

今まで、200本弱ぐらいしか百合が

切れていなかったのですが

今日は400本ぐらい切れました

ようやく増えてきました

これからしばらくの間は、こんな感じになるのではと思います

ですが、市場の方が、母の日前で相場が急に落ちてしまっています

微妙な感じですねw

もうすこしの間、あまり増えずに

母の日前にいっきに切れてくれるのが理想なのですが

シベリア(チリ産)

昨日から、シベリアが切り始まりました

前と同じチリ産なのですが

前回は輪数が10輪前後付いてしまい

花も小さくなってしまいました

今回は、植える時期が遅くなったせいか

いくらか輪数が落ちてくれて

5~9輪ぐらいでまとまりました

シベリアは茎が柔らかくなりやすいのですが

今回は堅くできました、ですが

バイラス(球根に入る病気)が結構入ってしまい

そこが少し残念です。

葉の色も水分が少なかったせいか悪いところもありますので

今後気を付けていきたいと思います

 

暑いし寒いし

今日は、良い天気になりました

これだけ晴れ渡っているとハウスの中は凄いです

30℃越えてます

今年初めて、半袖で仕事をしました

圃場を掃除して、肥料を買ってきて撒いて

今度はトラクターで耕すのですが、

家からハウスまでトラクターでいきました

いや~~まだ半袖だと寒いです

途中、戻ろうかと思うほど寒かった

まあ、そのままハウスまで行っちゃったんですけど

今日は、あっついのとさっむいのを両方味わいました

高知から視察

昨日、高知から佐倉に視察に来ました

何人かで来るのかと思っていましたが

一人で来られました

去年、あるイベントで知り合った方なのですが

佐倉で百合を作っている4軒をみるそうです

遠くから来たので、もっといろいろ見て周るのかと思っていましたが

いやいや、フットワークの軽い方で

佐倉だけで帰るそうです

自分も見習わなければ・・・。

それで、石川園芸の圃場も見学したわけですが

やっぱり見られるというのは恥ずかしいものですね

自分のなっとくいく物が出来ていなかったのもあるのですが

草が生えていたりビニールが汚れていたりと

普段、そんなに気にならないところも気になったりします

蒸気消毒をしているので、草はそこまで沢山生えないのですけど

もうちょっと草むしりしよう・・・・。

 

 

 

リアルトターボ(白い綺麗な百合)

リアルトターボ、品種名はリアルトなんですが

オランダ産の早い時期に植えられる球根で

ターボが付いています

南半球産と比べると2割程度、球根が安いです

それと、今回初めて作ったのですが

良くできています、茎も太くなにより

リアルトの一番の問題点の葉焼けがありません

蕾も5~7輪ほど付いていて

非常にコストパフォーマンスに優れています

来年も同じようにいくとは限らないのですがね・・・。

とにかく注文してみようと思います

グラシア(綺麗なピンクの百合)

2年ぐらい前にグラシアは作っていたのですが

当時、花が大きく茎も堅く色も綺麗なピンクで

素晴らしい百合が出てきたものだと思いました

ですが、グラシアの球根全体に病気が入ってしまって

しばらく作るのを止めていました

それで今年久しぶりに作ったのですが

ほとんど病気が出ませんでした

その代わりに、奇形花が多く(一本に4輪も奇形花なことも)

蕾の数も10輪以上付いてしまうものもあり

花が小さくなってしまって昔のような良さが

感じられませんでした

ただ、花自体は非常に綺麗なピンク色なので

飾っておくには良い百合なのかもしれませんが

もう一つ問題なのが、花を運ぶ時に蕾が取れやすいことです

これだけ問題が多いと花が美しくても

これから、生産するかどうか迷ってしまいます

 

チリ産マルコポーロ

今年度は、ニュージランド産よりチリ産の方が輪数が

付いてしまうらしく、(通常はチリ産の方が蕾が少ないです)

植えるのを後にしたのですが

それでも輪が付きすぎてしまいました

その代わり、奇形花やバイラス(球根に感染している病気)が

少なく、茎もしっかりしているので、多輪になってしまう以外は

品質が良いみたいです

これで6~7輪ぐらいに収まってくれれば完璧だったんですが

なかなか上手くいかないものです

冷蔵庫で少し寝かせてあげれば上手くいったのかもしれませんが、

チリ産がこんなに輪数が付くこと自体、想定していませんでしたので

このような結果になったわけです・・・。

来年はまた違った球根が来るだろうし、そこが難しいところです。

« PREV 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
PAGE TOP